無職になりたい人の日記

今年の目標は無職になることです。

OEM版のWindowsXPのインストールCDの中をみてみる

OEM版のWindowsXPのリカバリ用インストールCDの中身が気になったので調べたときのメモです。

誰かの役に立つとは思えませんが、せっかくなので公開します。

f:id:e5j:20170619170402p:plain

このインストールCDはKOUZIROというメーカーのノートPCについていたモノです。

ディクスの中を見てみる

インストールディスクの中を探っていくと\$OEM$\$$\drivers\RunOnceというフォルダを見つけました。

中身はdotnet.cmdsilentsetup.cmdという2つのバッチファイル。

どうやらこれらがインストール後の初回起動時に実行され、もろもろがインストールされているようだったので処理をみてみました。

dotnet.cmd

以下コマンドが記述されています。

echo off
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v1.1
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet1.1\dotnetfx.exe /q /c:"install /qb"
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v1.1 Japanese Language Pack
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet1.1\langpack.exe /q /c:"Inst /qb"
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v1.1 UpdatePatch-KB867460
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet1.1\NDP1.1sp1-KB867460-X86.exe /Q
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v1.1 UpdatePatch-KB886903
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet1.1\NDP1.1sp1-KB886903-X86.exe /Q
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v2.0
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet2.0\dotnetfx.exe /q /c:"install /qb"
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v2.0 Japanese Language Pack
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet2.0\langpack.exe /q /c:"install /qb"
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v2.0 UpdatePatch-KB917283
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet2.0\NDP20-KB917283-X86.exe /Q
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v2.0 UpdatePatch-KB922770
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet2.0\NDP20-KB922770-X86.exe /Q
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v3.0
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet3.0\dotnetfx3.exe /passive /norestart
@ECHO.
@ECHO Installing .NET Framework v3.0 Japanese Language Pack
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\dotnet3.0\dotnetfx3langpackjp.exe /passive /norestart

exit

.Net Framework関連のインストールバッチのようです。

上から順に見ていきましょう。まずは V1.1関連です。

  • .NET Framework v1.1 V1.1本体
  • .NET Framework v1.1 Japanese Language Pack 日本語言語パック
  • .NET Framework v1.1 UpdatePatch-KB867460 V1.1のSP1
  • .NET Framework v1.1 UpdatePatch-KB886903 SP1の修正パッチ

次は、V2.0関連です。

  • .NET Framework v2.0 V2.0本体
  • .NET Framework v2.0 Japanese Language Pack 日本語言語パック
  • .NET Framework v2.0 UpdatePatch-KB917283 修正パッチ
  • .NET Framework v2.0 UpdatePatch-KB922770 修正パッチ

最後は、V3.0です。

  • .NET Framework v3.0 V3.0本体
  • .NET Framework v3.0 Japanese Language Pack 日本語言語パック

修正パッチがおまけのように入っているのは何故でしょうか。

出荷時期にはこれしかなかった?それとも、重要なパッチ?

ちなみに

.NET Framework 3.5 SP1を入れれば2.0と3.0を入れる必要はないそうです。V3.5はV2.0とV3.0を内包しているためです。

今となってはV2.0とV3.0のインストールは不要ということですね。

silentsetup.cmd

このバッチファイル内では以下のような処理を行っています。

echo off
@ECHO.
@ECHO Installing Resistory-HideDesktopIcons
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\System32\reg.exe import %systemroot%\Drivers\Update\HideDesktopIcons.reg
@ECHO.
@ECHO Installing 電源設定_設定変更
@ECHO Please wait...
start /wait POWERCFG /SETACTIVE 常にオン
start /wait POWERCFG /CHANGE 常にオン /monitor-timeout-ac 0
start /wait POWERCFG /CHANGE 常にオン /disk-timeout-ac 0
start /wait POWERCFG /CHANGE 常にオン /standby-timeout-ac 0
start /wait POWERCFG /CHANGE 常にオン /hibernate-timeout-ac 0
start /wait POWERCFG /GLOBALPOWERFLAG off /OPTION RESUMEPASSWORD
@ECHO.
@ECHO Installing Favorites-Copy
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\System32\xcopy.exe  /h /s /e /k /y %systemroot%\drivers\Favorites\*.* "C:\Documents and Settings\Owner\Favorites\*.*"
start /wait %systemroot%\System32\xcopy.exe  /h /s /e /k /y %systemroot%\drivers\Favorites\*.* "C:\Documents and Settings\Default User\Favorites\*.*"
start /wait %systemroot%\System32\xcopy.exe  /h /s /e /k /y %systemroot%\drivers\Favorites\*.* "%ALLUSERSPROFILE%\Favorites\*.*"
start /wait %systemroot%\System32\xcopy.exe  /h /s /e /k /y %systemroot%\drivers\Favorites\*.* "%USERPROFILE%\Favorites\*.*"
@ECHO.
@ECHO Installing UpdatePatch-KB890830-V1.29
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\Windows-KB890830-V1.29.exe /q
@ECHO.
@ECHO Installing UpdatePatch-KB923789
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\WindowsXP-KB923789-x86-JPN.exe /q
@ECHO.
@ECHO Installing UpdatePatch-KB901190
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\WindowsXP-KB901190-x86-JPN.exe /passive /norestart
@ECHO.
@ECHO Installing UpdatePatch-KB927977
@ECHO Please wait...
start /wait %systemroot%\drivers\Update\msxml6-KB927977-jpn-x86.exe /passive /norestart
  • HideDesktopIcons.reg デスクトップにある特殊なアイコンを非表示(もしかしたら表示)するためのレジストリ変更。
  • POWERCFG 電源オプションの設定。ノートPC向けの電源設定をしているようです。
  • Favorites-Copy メーカー製PCにありがちな、お節介なブラウザのお気に入り追加。
  • KB890830 悪意のあるソフトウェアの削除ツール
  • KB923789 Flash Player用パッチ
  • KB901190 修正パッチ
  • KB927977 修正パッチ

KB4個はOSインストール後にWindowsUpdateで入れればいいような気がしますけれども、基準がよくわかりません。

まとめ

なぜこのようなことをいちいち調べたかというと、SP+メーカーで全パッチ適用済みかつ無駄のファイルのないWindowsXPの完璧なインストールディスクを作ろうとしていたからです。

しかしながら、OEM版だとメーカー独自のファイルがあって対処に困り、途中で挫折してしまいました・・・。

ちなみに、2017年6月現在でWindowsXPをWindowsUpdateさせるために最低限必要なものは次のファイルだけだそうです。

  • SP3
  • IE8
  • windows update agent
  • SP2(無印XPの場合)

これらをインストールした上でWindowsUpdateを実行すればパッチ類がすべて(?)適用できるそうです。サポートが切れてもまだできるのですね。

完璧なインストールディスク作成はあきらめ、おとなしくこれらを含めたCDを作って満足することにします・・・。

以上、昔買ったノートPCについてきたリカバリディスクの中身の、誰も得しなさそうな調査結果報告でした。