無職になりたい人の日記

今年の目標は無職になることです。

広告

タニタの体重計HD-660を買った

タニタの安価な体重計デジタルヘルスメーター HD-660を買ったので簡単にレビュー。

色はホワイトです。

パッケージ

f:id:e5j:20170618154856j:plain

シンプルなパッケージです。

本体

f:id:e5j:20170618155014j:plain

本体もシンプルで美しいです。

f:id:e5j:20170618155109j:plain

絶縁テープを引き抜きます。

f:id:e5j:20170618155324j:plain

単3電池2本が必要です。お試し用電池が付属しています。

f:id:e5j:20170618155438j:plain

重力による誤差を調整するためのボタンです。格安モデルにもかかわらず、こういった機能があるのが良いですね。

f:id:e5j:20170618155621j:plain

初期設定で2番の「本州・四国・九州」になっています。北海道と沖縄で使用する場合のみ設定が必要です。

量る

f:id:e5j:20170618155823j:plain

電源スイッチなどはなく、本体に乗ると自動で電源が入り測定されます。

f:id:e5j:20170618155944j:plain

説明書によると12kg以上の重さで電源が入るようです。電源が入れば12kg以下の重量も量ることができます。

f:id:e5j:20170618160300j:plain

測定が完了、または本体から降りると数秒後に自動で電源が切れます。

まとめ

1000円未満で買えるので、単に体重を量りたいという方にはおすすめです。

このモデルのカラーバリエーションは以下のとおりです。個人的にはブラックがあれば良いと思いました。

  • ブルー
  • ピンク
  • パープル
  • ホワイト

ホワイト以外は妙に派手な色ですね。

上位モデルであるHD-662にはバックライト機能があり、暗い場所でも測定できるようです。そういった使い方をする方はそちらを選んでください。

タニタ デジタルヘルスメーター HD-662-BK(ブラック) 乗るだけで電源ON/見やすいバックライト付き

タニタ デジタルヘルスメーター HD-662-BK(ブラック) 乗るだけで電源ON/見やすいバックライト付き

こちらには黒もあるんですよね。選ぶときに迷いました。

以上、タニタの低価格体重計HD-660のレビューでした。

広告