無職になりたい人の日記

今年の目標は無職になることです。

広告

できるだけキャッシュレスで買い物をするようにしている。そのメリットとデメリット。

僕は、買い物をするときはできるだけ現金を使わずにクレジットカードか電子マネーを使うようにしています。

いわゆるキャッシュレスを心がけています。

そのきっかけは「現代っぽいから」とかいうしょーもない理由だった気がします。

でも、今となってはそれなりにキャッシュレス運用の利点が見えてきました。

そこで、キャッシュレス運用のメリットデメリットを考えてみたいと思います。

f:id:e5j:20170709101002p:plain:w300

メリット

キャッシュバック

クレジットカードや電子マネーにはほぼ間違いなく、なんらかのキャッシュバックのシステムがあります。

キャシュバック率は1%が一般的でしょうか。1%というと「しょぼいなあ」と思われるかもしれません。しかし、キャッシュレスにこだわって支払い続けるとトータルではバカにできないくらいのキャッシュバック額になります。

また、電子マネーをクレジットカードでチャージすればキャッシュバックを実質2倍にするというようなワザもあります。

財布がスッキリする

クレジットカードや電子マネーを使うようにしてから、お釣りの小銭の枚数を減らすために、支払う小銭を計算するという作業をする必要がなくなりました。そもそも、僕はお釣りの枚数を減らす計算が苦手というのもあるのですが・・・、それはさておき。

そういうワケで、小銭を持たないようになりました。

現金払いのみのお店ではお札だけを使います。お釣りが戻ってきた時は家の貯金箱的なものに入れておきます。

出かける時は財布の小銭ポケットは空っぽです。

ただ、例外として500円玉があれば入れるようにしています。500円以下の現金払いは500円玉を使っています。あまりにもお札を崩していくと手元の現金(お札)があっという間になくなってしまい、いざというときに困りそうだからです。

支出が把握しやすい

銀行口座の支払額とクレジットカードの利用明細だけで、現金払い以外の支出が把握できます。

会計がはやい

基本的には、クレジットカードを渡す、おサイフケータイを端末にかざす、といった簡単な手順で会計が終わります。現金払いよりは会計にかかる時間は短くて済んでいると思います。

デメリット

クレジットカードのサイン

クレジットカードの場合サインが面倒です。サインを必要としないお店もありますが、全てではありません。

数百円の支払いのためにクレジットカードのサインを書いていると、気のせいかもしれませんが後ろのお客さんからの無言のプレッシャーを感じてしまい、なんか居心地が悪くなりますね。とくに、レジが混雑してる時とかは。メンタルを強くしたいです・・・。

どうやらフルネームである必要はないようですね。

電子マネーの場合、申告する必要がある

社会的には現金払いが基本のようなので、電子マネーで支払いをする場合は「電子マネー(私の場合はEdy)でお願いします」と申告する必要があり、コミュ障の僕には結構きついことがあります。

あと、いつ申告するべきか、というのも気になっています。

コンビニの場合だと、会計のはじめに店員さんが「ポイントカードお持ちですか?」と聞いてくる場合があるので、そのタイミングでこちらが「Edyでお願いします」と言うと、相手と発言がかぶって「あっ・・・」ってなるのがちょっときついですね・・・。

さらにヒドいのは「Edy」と「iD」が発音が似ているせいで時々間違われてしまうことがあるということですね。これは僕が滑舌の悪い小さな声で言っているのが最大の原因なのですが。

まとめ

以上、キャッシュレス運用でのメリットとデメリットをまとめてみました。

広告