無職になりたい人の日記

今年の目標は無職になることです。

広告

アニサマ2017、公演中のコールが禁止事項に追加される

追記

公式から訂正の発表がありました。

公式HPの注意事項が変更されていました。

  • 変更前:咲きクラップ、MIX、コールなど
  • 変更後:咲きクラップ、MIX、周囲への迷惑となるコールなど

追記おわり


アニソンの世界最大規模のライブイベントであるアニメロサマーライブ(アニサマ)。今年の開催の注意事項に「コール禁止」が追加され波紋を呼んでいます。

f:id:e5j:20170612163535p:plain

実際の注意事項はこれ

公式サイトから該当部分を引用します。

両手を激しく振る、広げる、回転させる、上半身を反らす、過激なジャンプ行為など、また脚立や台などの足場の持ち込み、およびそれらに登っての観覧、座席からはみ出した観覧など、周囲のお客様の迷惑となる行為、咲きクラップ、MIX、コールなど、いわゆるオタ芸と称される応援行為も禁止します。

コールの部分以外は他のライブに共通する一般的な注意事項になっています。それに混じって、さらりと『コール』という単語が追加されています。

コールの定義は?

コールとは何か?という定義の問題になってきてしまうと思います。私が思いつくコールを挙げてみます。

  • 警報
  • PPPH
  • 楽曲特有のコール

などでしょうか。

これらが禁止となると、ライブがだいぶ寂しくなってしまう気がします。

アーティストが煽ってきたら?

たとえば、fripSideのsatさんはライブ中にPPPHを煽って会場を湧かせるパフォーマンスをしていたと思います。

こういった、アーティストのパフォーマンスも無くなってしまうのでしょうか?

禁止したいのは『イエッタイガー』?

最近のアニソンライブで、楽曲のサビ前で「イエッタイガー」と叫ぶ客が徐々に増えつつあるように感じます。

特に、落ちサビの静かな場面で絶叫しているのでかなり悪目立ちしています。

もともとは、アイドルのライブで行われていたコールのようですが、アニソンライブに持ち込まれてきたようです。

上述した通り、かなり悪目立ちしてしまうので、アニサマ運営はこれを禁止したかったのでは?と考えています。

まとめ

近年、じわじわとライブの規制が厳しくなってきたアニソンライブですが、ついにコールが禁止されることになりました。注意事項を発表した公式ツイッターのツイートには意義を呈するリプライが数多く寄せられています。これに対して何か公式から反応があるかもしれません。多くの人が納得できる形に自体が収まることを期待します。

広告