無職になりたい人の日記

今年の目標は無職になることです。

広告

Bluetoothスピーカーで曲送り/曲戻しができなかったときの対処方法

WindowsPCとペアリングしたBluetoothスピーカーで一時停止と再生はできるのに、曲送りと曲戻しができなかったときの対処方法をメモします。

私の環境特有かもしれませんが、一応。

環境

  • Bluetoothスピーカー:TaoTronics TT-SK03
  • PC側Bluetoothアダプタ:プラネックス BT-Micro4
  • OS:Windows10

PLANEX Bluetooth USBアダプター Ver.4.0+EDR/LE(省エネ設計)対応 BT-Micro4

PLANEX Bluetooth USBアダプター Ver.4.0+EDR/LE(省エネ設計)対応 BT-Micro4

対処方法

  1. BluetoothスピーカーとPCをペアリングする
  2. PCを再起動する

以上です。意外と単純でした。

理由はよくわかりません。起動時にBluetoothアダプタが刺さってないとAVRCPのプロファイルがうまく動作しないのでしょうか。

100均グッズで自転車のサビを落としてみた

ホームセンターで1万円くらいで買ったママチャリを使っています。最近、サビが目立つようになったのでサビを落としてみることにしました。

ネットで調べると、100円ショップでサビ落としクリーナー的なものが売られているそうなので買ってきました。

f:id:e5j:20170726063611j:plain

たしか、ダイソーで買ったと思います。

中身はこのような感じです。

f:id:e5j:20170726063702j:plain

ヨーグルトのように水分が分離してしまっています。注意書きにもありましたが、水と混ぜて使うと良いそうです。

では、サビを落としていきましょう。

まずはハンドルから試していきます。

f:id:e5j:20170726063947j:plain

もともとは黒っぽい色だった気がしますが、面影がありません。

どのくらいクリームを塗ればいいのか書かれていなかったので適当に塗ってみました。

f:id:e5j:20170726064153j:plain

あとは布で磨いていきます。

結果です。上が使用前、下が使用後です。

f:id:e5j:20170726064317j:plain

f:id:e5j:20170726064337j:plain

なかなかいい感じにサビが落ちていますね。

次は、サドルの棒の部分です。

同じく上が使用前、下が使用後です。

f:id:e5j:20170726064524j:plain

f:id:e5j:20170726064543j:plain

ザラザラとした目立つサビはきれいに落ちています。

ついでに後輪の泥除けを固定する棒も試してみました。

f:id:e5j:20170726064750j:plain

f:id:e5j:20170726064805j:plain

きれいですね。

まとめ

サビは落ちますが元通りの色には戻らない。といった感じです。

どうしてもサビの茶色っぽさが残ります。表面のザラザラは取れるので、手触りとしてはつるつるにはなります。

また、傷などによって本来の塗装がはがれている部分はクリーナーでゴシゴシこすっていると塗装もはがれてしまうかのうせいがあります。ハンドルの使用後の画像参照。

100円でここまでキレイにできれば充分だと感じました。

以上、100均グッズでママチャリのサビ落としをやってみたという話題でした。

自転車のライトを交換した

ブロックダイナモライトパナソニック ワイドパワーLEDかしこいランプV2 SKL083に取り替えました。

前書き

ホームセンターで1万円くらいで売っていたママチャリを使っています。

この自転車のライトはブロックダイナモといって、タイヤの側面にローラーを当てて発電するタイプです。タイヤに接触させるためペダルが重くなります。また、ローラーの回転音がうるさかったりします。

f:id:e5j:20170721153516j:plain:h300

最近、ローラーの回転音だけでなく謎の振動音を発するようになってしまったため、取り替えることにしました。

パナソニック ワイドパワーLED かしこいランプV2

アマゾンで探していたら良さそうなのでこれを選びました。

  • 電池式なのでペダルが重くなることがない(単3電池x4)
  • センサーによって自動点灯。周囲の暗さ&揺れ

f:id:e5j:20170721153650j:plain:h300

f:id:e5j:20170721153736j:plain:w300

f:id:e5j:20170721153925j:plain:w300

この製品には後継機種のV3があるのですが、安かったのと黒色があったためV2を選びました。V3は明るさとセンサーが向上しているようです。

取り付け

まずは、もともと付いていたライトを取り外します。

f:id:e5j:20170721154056j:plain:h300

f:id:e5j:20170721154128j:plain:h300

取り外し終えたら取り付けです。特に難しいことはなくネジで止めるだけです。夜に実際に点灯させて向きを調整します。

f:id:e5j:20170721154247j:plain:h300

まとめ

夜でも快適に走れるようになって満足しています。

Panasonic(パナソニック) ワイドパワーLEDかしこいランプV2 前照灯 ブラック SKL083

Panasonic(パナソニック) ワイドパワーLEDかしこいランプV2 前照灯 ブラック SKL083

以上、自転車のライトを取り替えてみたという話題でした。

2017年6月に申請したGoogle AdSense審査に通りました。やったことのメモ。

当ブログがグーグルアドセンスに承認されました。

実際に承認通知のメールが届いたのは7月6日です。申請した具体的な日付は記録していませんでしたが6月初旬だったと思います。

承認まで約1ヶ月かかったことになります。

f:id:e5j:20170721100549p:plain

アドセンス申請のためにしたことをメモします。

やったこと

プライバシーポリシー設置

どこかのブログの記事でテンプレートが公開されていてコピペOKとあったのでそれをほぼコピペさせてもらいました。どの記事かは忘れてしまいましたが、「アドセンス プライバシーポリシー」で検索するとたくさん出てきます。

設置したのはブログのaboutページです。

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションというのは当ブログでいうと、ヘッダーの下にある「Top 記事一覧 当ブログについて」というメニューのことです。

PC版だけでなくスマホ版にも設置しました。これもほぼコピペで設置できるようにコードを公開されているものを利用させてもらいました。

PC版はこちらを参考にしました。

スマホ版はこちらです。

ウェブマスターコンソール

検索ワードを知るために導入しました。これは申請前には導入していたと思います。

アナリティクス

導入した方が良いとどこかの審査対策記事に書いてあったので導入しました。こちらも申請前に導入していました。

審査状況確認フォームで問い合わせ

計2回問い合わせしてみました。

1回目は申請後10日目くらい。2回目は審査承認の前日です。2回目に問い合わせして翌日通過したのはただの偶然だと思っています。というのも、この審査フォームで問い合わせした方々のブログ記事をみても、問い合わせしても一向に審査に対する反応がないといったことが書かれていることが多いです。

気を紛らす程度のものだと考えた方がいいかもしれません。

待つしかない

以上がやったことです。

アドセンス審査について書かれているブログをたくさん読みましたが審査にかかる時間はさまざまなようです。結局は待つしかないと思います。時間が解決します。

失敗したこと

おまけです。

アドセンスに申請するには独自ドメインでなければいけません。そのため、ドメインを取得し、はてなブログの設定でそのドメインを設定しました。

その際『blog.musyokuni.com』と設定しました。これが失敗でした。

これだと、アドセンス申請時にサブドメインと判断されてしまいます。

正解は『www.musyokuni.com』です。『www』はサブドメインとみなされないようです。

できるだけキャッシュレスで買い物をするようにしている。そのメリットとデメリット。

僕は、買い物をするときはできるだけ現金を使わずにクレジットカードか電子マネーを使うようにしています。

いわゆるキャッシュレスを心がけています。

そのきっかけは「現代っぽいから」とかいうしょーもない理由だった気がします。

でも、今となってはそれなりにキャッシュレス運用の利点が見えてきました。

そこで、キャッシュレス運用のメリットデメリットを考えてみたいと思います。

f:id:e5j:20170709101002p:plain:w300

メリット

キャッシュバック

クレジットカードや電子マネーにはほぼ間違いなく、なんらかのキャッシュバックのシステムがあります。

キャシュバック率は1%が一般的でしょうか。1%というと「しょぼいなあ」と思われるかもしれません。しかし、キャッシュレスにこだわって支払い続けるとトータルではバカにできないくらいのキャッシュバック額になります。

また、電子マネーをクレジットカードでチャージすればキャッシュバックを実質2倍にするというようなワザもあります。

財布がスッキリする

クレジットカードや電子マネーを使うようにしてから、お釣りの小銭の枚数を減らすために、支払う小銭を計算するという作業をする必要がなくなりました。そもそも、僕はお釣りの枚数を減らす計算が苦手というのもあるのですが・・・、それはさておき。

そういうワケで、小銭を持たないようになりました。

現金払いのみのお店ではお札だけを使います。お釣りが戻ってきた時は家の貯金箱的なものに入れておきます。

出かける時は財布の小銭ポケットは空っぽです。

ただ、例外として500円玉があれば入れるようにしています。500円以下の現金払いは500円玉を使っています。あまりにもお札を崩していくと手元の現金(お札)があっという間になくなってしまい、いざというときに困りそうだからです。

支出が把握しやすい

銀行口座の支払額とクレジットカードの利用明細だけで、現金払い以外の支出が把握できます。

会計がはやい

基本的には、クレジットカードを渡す、おサイフケータイを端末にかざす、といった簡単な手順で会計が終わります。現金払いよりは会計にかかる時間は短くて済んでいると思います。

デメリット

クレジットカードのサイン

クレジットカードの場合サインが面倒です。サインを必要としないお店もありますが、全てではありません。

数百円の支払いのためにクレジットカードのサインを書いていると、気のせいかもしれませんが後ろのお客さんからの無言のプレッシャーを感じてしまい、なんか居心地が悪くなりますね。とくに、レジが混雑してる時とかは。メンタルを強くしたいです・・・。

どうやらフルネームである必要はないようですね。

電子マネーの場合、申告する必要がある

社会的には現金払いが基本のようなので、電子マネーで支払いをする場合は「電子マネー(私の場合はEdy)でお願いします」と申告する必要があり、コミュ障の僕には結構きついことがあります。

あと、いつ申告するべきか、というのも気になっています。

コンビニの場合だと、会計のはじめに店員さんが「ポイントカードお持ちですか?」と聞いてくる場合があるので、そのタイミングでこちらが「Edyでお願いします」と言うと、相手と発言がかぶって「あっ・・・」ってなるのがちょっときついですね・・・。

さらにヒドいのは「Edy」と「iD」が発音が似ているせいで時々間違われてしまうことがあるということですね。これは僕が滑舌の悪い小さな声で言っているのが最大の原因なのですが。

まとめ

以上、キャッシュレス運用でのメリットとデメリットをまとめてみました。

広告